スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去のこと5

これも過去のこと。

夕方、広場で焼き芋をしてたときだ。
音で迷惑をかける鍛冶屋は、地域に貢献することとの師匠からのお達し。
以前からちょくちょくやってたことだな。
ま、もちろんただ掃除するだけじゃ面白くないから、いつも芋を焼く。

で、あの日も同じだ。
煙に気をつけて落ち葉をくべてると、盲目らしき男が来た。
顔が青かったのは元から+人混みに揉まれたらしい。
確かにあの時間帯の商店街はこむ。

話をしていると、彼――ザザ兄さんは魔法で地面に「印」を落としていたらしい。
銀色の粉が、道しるべになるんだとか。

便利だ。


兄さん、背が高いんだから鍛えればいいと思う。
それこそ、鍛えれば人1人軽く持ち上げるパワーが手に入りそうだ。
しかし水泳で沈んでるようじゃあ、先は長いかもなぁ。

芋はなかなか上手く焼けた。
兄さんにも半分あげたが、喜んでくれたみたいだ。
ただ、熱いまま渡してしまったのはミスだ。
やっぱり鍛冶をやると、熱に耐えられるようになるらしい。
今度はもっと冷ましてから渡そう。
……フーフー以外で。

ザザ兄さんは旅する鍵盤ハーモニカ吹きらしい。
今度会ったら、一曲聴いてみたい。






ちょこっと話した、師匠が魔法無しの素手で加熱した鉄を持てるってのは本当の話。
と言っても、赤く加熱された部分を持つわけじゃない。
1m位の鉄の棒の先に、鋼をくっつけて作業をする。
この棒を「てこ棒」と言うけど、それでも熱いものは熱い。
何せ先端は1000℃に達することもある。てこ棒も、相当な熱さになる。
今の俺がやれば、大火傷間違い無しだろう。
焼き芋持てるくらいで喜んでるようじゃあ、まだまだなんだろうな。
精進あるのみ。

・出会い
ザザ
スポンサーサイト

過去のこと4

これも過去のこと。

忘れもしない商店街祭りの日だ。
普段ならあまり参加しないんだが、たまにはお祭り騒ぎも良いだろうと師匠のお達し。
参加するのは良いんだが……、おいお前ら、俺1人に任すんじゃねぇよ。
大体いつもいつも俺を好きなように――

(しばらく同期への文句が綴られ)

――次はお前らが裸エプロンでやれ。


と、かなり話がずれた。
で、結局やりたくもない実演販売をやることになったわけだ。
何で俺がエプロンなんか着けなきゃいかんのかと。

まぁ、実演販売は功を奏して午前に包丁が数本売れた。
ちょっとした快挙だ。

で、昼頃の話。同じように実演してると、リコスちゃんが見に来た。
……思いっきり笑われた。
もうやらん。(力が込められたか、濃い筆跡)

で、結局そのときは売れず、切ったカボチャの山ができただけだった。
リコスちゃんが言うには、値段が高いらしい。
ごもっともだ。でもやはり製造の仕方の問題で、これ以上は値段を落とせない。
だが一本で50年は耐えられるような代物だ。
そう考えれば安いと思うんだが……。

その後は、来てくれた彼女に色々と道具を見せた。
買ってはくれなかったけど、やっぱり興味を持ってもらえるってのは嬉しいもんだ。




切ったカボチャは、リコスちゃんの提案で次の日にスープにして出した。
売り上げにはさほど影響はなかったけど、来てくれた人は楽しそうだった。
紹介してくれたレストランの人とも知り合えたし、まぁ結果オーライかな。

・出会い
リコス

過去のこと3

これも過去のこと。

雪の降る夕方だったかな。あれも、接客関係で出かけていた日だったな。
帰り道だったけどあんまりにも寒いから、露天のおでんを食べることにしたんだ。

で、先客のエルフの女の子と話をした。
時々あのおでん屋を使ってるらしいから、初めての俺はオススメを聞いた。
でも今になればなかなかアホな質問だよなぁ。
おでんなんて、何処でも大して味は変わらないに決まってる。

金がないから、適当に安めの物を買った。
でも俺の財布はそれだけでも悲鳴を上げたよ。

頼む師匠、もう少し給料上げてくれ……。



ちょっとずれたな。
で、彼女はマジックアイテムを作っている商売人だそうだ。
付与系魔法がさっぱりの俺には、羨ましい力。
性質を持った魔力を物に込めて、ある切っ掛けでその性質を発動させる、と。
それっぽくは理解した……つもりだ。



流石彼女――ミウ姉さんはエルフだ。
背が小さいから初めは子供扱いだったけど、精神はかなりしっかりしてる。
色々と作る事に関して話をした。
俺の目指す物。作りたい物。

俺は師匠を超える刀を作りたい。
何年先になるかは分からないけど、いつか達成したいと思ってる。
完成したら、一番に見せに行こう。





(以下、部分的なメモが)

おでん。熱い。気をつけること。
伝説のはんぺん。
珍しい刀?姉さんのお得意?

・出会い
ミウ

過去のこと2

これも過去のこと。

これは確か七草粥を作る前日だから、一月六日だったはずだ。
師匠からの指示で、七草を買って帰る途中のことだ。
カブとダイコンがあんまりにも立派で重かったから、休むところを探していて――。
で、女の子と教会の人らしき男が座っているベンチで休んだんだ。

男は七草については知らなかったみたいだが、女の子は知っていた。
旅をしていて、食べたことがあるらしい。
この街から出たことのない俺にとっては、旅人ってのはちょっと羨ましい。
井の中の蛙ってやつだな。

ちょっと凹んだ。

初めはそんな会話だったが、だんだん不穏な方向へ。
彼女、リコスちゃんは、エムプーサに憑かれていると。
エムプーサ、つまり夢魔。帰ってから調べたが、本来は男に憑く悪魔だ。
なぜ彼女に憑いたのかは分からないが、悪夢を見て眠れない、と。

どうやら引き剥がすための協力者は居るらしい。
俺も手伝うべきなのだろうか。
顔を見て、名前を聞いて、話をした以上は力にはなってあげたいけど……。

.....
俺に何ができるだろうか。





夢の中に居る悪魔を切る刀。
その存在は、確か以前師匠が話していた。
それがあれば力になれるかもしれない。
手に入らなくても、多少の参考になるかもしれない。

名前は……何だったか。

帰ったら師匠に聞いてみようと思う。

・出会い
リコス 眼鏡の男【セルジュ・バルニエ】

過去のこと1

俺が日記を付け始めたのは最近だ。
でも折角だし、少し遡って過去のことも書こうかと思う。


いつだったか、昼の酒場。確か天気がもの凄く悪かった日だ。
注文があったから、会って客から具体的な内容を聞いて……、で雷雨が強くなった性で足止めを食らってたんだ。

することもなくカウンターで暇を潰していると、後からなにやら物騒な声が聞こえた。
インフェルノとか、フレイムとか。
振り返ってみれば黒尽くめの男。

怪しさ爆発だったが、興味に負けて声を掛けてみた。
どうやら洗濯物の乾燥機の名前を考えていたらしい。
いや、インフェルノはないだろ普通に考えて。何で地獄の業火で洗濯物を乾かさなきゃいかんのかと。
一応意見として、挙げられていた名前の中から「ぽかぽかヒーター」を選ばせて貰った。

その後、カードゲームに誘われた。ブラックジャックだ。
あんまりカードゲームはやらないから不安だったが、ルールを簡単にしてくれた。
おかげさまで4000Gのもうけだ。
イクス兄さん、悲惨だったなぁ。

ま、いつかまた賭けるときがあるだろうから、そのときまでこの勝ち分は取っておこうと思う。


・出会い
イクス





-----------
以下、PL発言。

ペティットデビューがまさかのカードゲーム回!
っていうか、あの遊び方は本当に斬新だと思った。イクス兄さん、頭良すぎです。
そしてたった2回で終わらせてしまって済みません。
今度やることがあったら、もうちょっと長くやってみたいと思います!
兄さんが勝ち分を取り戻しに来ることを期待して。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。