スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れた日の夜の教会で

以前師匠が神父様から借りた傘を返しに、教会へと行った。
夜中に行ってしまったのは申し訳なかったと思う。
しかし、やはり仕事と訓練があると中々昼間には顔を出せない。

とにかく、シスターさんにでも渡そうかと思っていたら、運良く神父さんが居た。
リコスちゃんを抱いていたが、彼女の手には何かに捕まれたような跡があった。
諸々、総合して考えれば、やっかい事があったのだろう。
深くは突っ込まないことにした。

彼女の持っていたクマの人形は、孤児院の物らしい。
中々良いぬいぐるみだ。昔を思い出した。
俺も、眠れないときは良くぬいぐるみを抱いて寝たもんだ。俺のは犬だけどな。
今もまだ、家にはあるだろう。たまには見に帰ろうか。


リコスちゃんが眠ってしばらくすると、鈴の音が聞こえた。
もう流石に覚えた。エルジュ姉さんの鈴の音だ。

案の定、姉さんと兄さんが教会にエントリー。
姉さんは意外に信仰厚いらしい。猫神様を信仰してるんだとか。
色々と猫神様について聞かせて貰ったが、かなり緩い宗教らしい。
……、害は無さそうだし、ちょっと信仰することにした。
困ったときの神頼み的に。
あと、猫祭りのチラシも貰った。
開催期間的に参加はできそうだ。しかし、金が中々しんどい。
実際、4日間参加は無理なんだろうな。せめて、本祭は参加したい。
初めての他街だし、とても楽しみだ。

......
姉さんの何となく寂しそうな表情は初めて見たかも知れない。
猫と人の中間。それもまた、やっかいなことがあるのかも知れない。
……。きっと、姉さんはそんなに気にしては居ないのだろう。
それでも気になるのは、俺の性分なんだろうな。
夢魔の話に首を突っ込んだのも、同じだ。
友人知人が悩むのは見たくない。俺と同じ道を通って欲しくない。
この考え方が、俺が物事を深刻に捉えすぎる原因なんだろう。

気をつけないとな。


その後、しばらくすると女性が現れた。
あまり話はしなかったが、神父さんの知り合いであるようだった。
夢魔とも対峙したのだろうか。
今度会ったら、詳しく話を聞いてみよう。


神父さんからは、錘付きの鎖と葉巻カッターの注文を受けた。
鎖は捕縛用に使うらしい。
どの程度のレベルで作るのか、師匠に聞くと「最高の物を作る」と。
東洋の技術で作るらしいから、相当の出来映えになるのだろう。
魔力の伝導も、相当な物になるだろうな。
問題は上手く使いこなせるか、だけど……。

菓子折については、夜にこっそり持って行くことにした。
無警戒に昼に持って行けば、おそらく中に入る前に無くなってしまう。
祝福儀礼の他にも、本当に神父さんにはお世話になってばかりだ。
何を持って行こうか。
豹屋の羊羹とかが良いのかな?

しかし、外担当を俺1人以外に決めていなかったのは酷いと思った。



(以下、メモが)

武器の性質について。
魔力の伝導の良さから、使用者の魔力を微量吸って刀身を強化する「共振」、または「供与」。
相手や周囲の魔力を微量または大量に吸って刀身を強化する「共鳴」。
吸った魔力を放つ「放出」。
現在その機構が分かっているのはこの3つ。
上位の武器、より純度の高い鉄を使った武器は、それぞれの強化は大きくなる。

しかし上位武器には、これら意外にも使用者の腕によっては、武器から「逆供与」を受けることがあるらしい。
それを受けた人曰く、勘が良くなるとか、武器を軽く感じるとか、五感が鋭くなるとか。
しかしその域に達する人は希で、今までで10人居なかった。
その機構も不明で、今後学院で研究するのも良いかもしれない。

鎖にも付くのか?


猫神様は青い目で三毛で、雄で、赤いマント。
「猫を愛し、猫に学び、猫と共に生きること」
できれば給料を上げて欲しい。


・出会い
ギガトール、リコス、エルジュ、エリー




―――――――――
以下、PL発言。

皆様、夜遅く……と言うか、朝早くまでお付き合いありがとう御座いました(ぁ
ハンスは猫神教へ入信しました。これでモフモフし放題ッ!!

そしてエリーさん、入れ違い気味ですみませんでした。
しかしどうしてもあの時間になると眠らないわけには行かず……。
また今度、しっかりがっつりお付き合いお願いします!
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。