スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曇天の酒場にて

(きれいな字で日記が書かれている。しかしその筆跡は普段と違う。)

この日記は、師匠がくれた魔法動力の自動筆記ペンで書いている。


なんだかずいぶんと病院通いが長引いてしまった。
といのも、例の事件の終わった後、歩いて帰ったためだ。
すぐに消毒、処置をしたのだがどうにも傷にばい菌が入ったらしい。
ある程度まで治るまで、かなりの時間がかかってしまった。
おかげさまでカトランデの猫祭りにも行けず……、がっかりだ。

で、簡単なデスクワークはできるようになったから、酒場で注文書を弄っていた。
が。
全く書けん。
困った。左手があれほどまでに不器用でどうしようもないとは思わなかった。
どうしようもないのでそのまま投げ出して帰ろうかと思っていたとき、
机に突っ伏して寝ているリコスちゃんを見つけた。

なにやら、絵本の夢を見ていたみたいだった。
ゆっくり眠れている様子だったから、そのまま放置しようかとも思ったが
やはり風邪を引くだろうと思い直して、起こそうとしたら先に起きられてしまった。
せっかく頬を突っつこうかと思ったのに……、残念だ。

話を聞く限り、彼女の体調は良いらしい。
俺にバレンタインのお返しをせがむくらいだ。まぁ、元気になったのなら良しとしよう。
彼女には以前に買ったトラ猫のぬいぐるみキーホルダーを渡した。
喜んでくれたようで、一安心だ。
リコスちゃんからは、お守りをもらった。貝殻と小さな松ぼっくりでできたものだ。
大切に取っておこう。

と、リコスちゃんにお返しを渡したところで可憐が来た。
出かけたところを雨に降られたらしい。災難だったなぁ。
可憐に会うのは決戦前日以来。
だから無事に帰ってきた報告をして、ハンカチを返した。
やっと、無事に返せた。
だいぶ心配をかけてしまったようだ。


可憐からは傷薬とチョコレートをもらった。
どちらもありがたい限りだ。チョコレートのお返しには、予備(余ったら俺用)に買った三毛猫のぬいぐるみキーホルダーを渡した。
喜んでくれたみたいだ。ホワイトデーのお返しの品は、これで間違って無かったみたいだ。
一安心。
カトランデの土産話も少し聞いた。来年こそは行きたいと思う。

さて、もう寝よう。
安静にしないと、また要らない心配をかけることになる。
明日には、もう少し手が動くようになってれば良いなぁ。

・出会い
可憐


(以下、ちょっとしたチラ裏というか設定というか。)

さて、やっと帰ってきましたペティット。
というのも、マジでマイノートPCを買ったためです。
オーディオ機器も買いそろえたので、良い感じです。


さて、今日書くのはちょっとしたチラ裏。表に持ち込む可能性のある情報ですね。
その名も「シエロ」武器店について!
つらつらと書きたいと思います。詳しく知る必要は全くないので、超暇な人はどうぞ。

「シエロ」武器店は大きく分けて二つあり、実際に刃物を作る鍛冶場と、販売を行う販売店に分かれています。
鍛冶場は酒場の近くにあり、販売店は商店街の隅っこにあります。
どちらも規模は小さく、また看板も非常に小さいため非常に見落としやすい外観です。
どちらの店も二階建てで、鍛冶場は一階が鍛冶を実際に行うスペースと材料倉庫、二階が居住区となっていて、
販売店は一階が接客用カウンター、二階が武器倉庫となっています。
鍛冶場の居住区には同室でハンスを含めた三人が暮らし、師匠のシエロは別室を持っています。よって従業員は4人です。
炊事などの家事は、ハンスなんかの下っ端がやっているようです。


で、鍛冶場は正直今のところ表に出すつもり無いのでこれ以上は割愛。

販売店は喫茶店を改造したようで、外観中身ともに喫茶店ですw
中には大きなカウンター席と、丸机や椅子が数個。おそらく十数人入ったらパンパンになるほど狭いです。
しかしそれ故に冬は暖かく、夏は日陰になって涼しいです。風通しも良好。
二階は倉庫のため、一般人立ち入り不可。
店頭の武器や刃物の展示は少なく、見た目はもはや武器屋ではありません。
ほしい物がある場合は、店番(ハンス)に欲しい道具の概要を伝えて、それに見合った物を提供するというスタイルです。
カミソリなどの日用品は比較的安価で、わずかに周辺の店より高い程度。武器は非常に高く、ゼロ1個違います。


ってことくらいかな?

「シエロ」武器店はフリールームに登録していませんし、その予定もありません。
理由としては、上記のようにハンスが居ないと売れないからです。
誰にでも売るというわけでもなく、流通としてはハンスがペティットに居る間に5振り武器を売れれば良い方と思ってます。
それくらい小口のつもり。
そうなればNPCに売らせるわけにも行かず……。

ま、数ヶ月に一回開くレアルーム程度で扱おうと思ってます。
そろそろ一回開けようかなぁ。

ちなみにこの販売店、モデルになった場所があったりします。
震災時に逃げ込んだ、友人の喫茶店がそれです。
ある意味有名なので、もしかしたら知ってる人が居るやもしれんなぁw
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。