スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨降る日の鉱石店にて

今日も師匠のお使いで、鉱石店へと出向いた。
師匠の知り合いの鍛冶屋から聞いた、「たまゆら」という店。
比較的安価に、良い原石を扱っているって話だ。
奉納刀の装飾に使うらしい。

地図を書いて貰って店にたどり着くと、創一とアンリ、そして店主さんのジョージが居た。
創一とアンリの二人に会うのは久しぶりだ。
創一は夢魔戦のちょっと前、アンリはそれ以上前に合ったきりか。
創一が言うには、屋内にいた人たちは大なり小なり傷はあっても全員生きてるらしい。
一部確認の取れてない人も居るみたいだけど、その人達の名前を聞く限りは死んでるって事は無いだろう。

特に、ダートラディア姉さんは。

本当に良かった、と思う。創一も元気そうだったしな。
特に店主さんとのやりとりは見てて楽しかった。似た者同士、漢の友情って奴なんだろうなぁ。
ああいう仲には、ちょっと憧れるよ。


アンリはどうやら雨宿りに来たらしかった。
店主さんが手渡した氷の魔石を見せてくれた。あの魔石、欲しいなぁ。
魔石に見入っていたアンリは、やはり女の子だなと思う。
キラキラしたものを見ると、キューンとするそうだ。
そういう姿を見ると、プレゼントなんかをしたくなるのは相手の喜ぶ顔を見たいからだろうか。それとも――。

アンリは俺の鍛冶屋談義にも、付き合ってくれる様なことを言っていた。
正直、凄く嬉しかった。
男女関係無く、鍛冶の話をすれば引かれることが多かった。
理由も分かるし、責める気にはなれないけどな。
だからこそ、嬉しい。もし何か俺にも力になれることがあれば、力を貸したいとも思った。


窓に表れた小さな女の子を創一が追っていったのと入れ違いに、厭夜が来た。
どうやら魔術封じの魔石を探しに来たらしいけど―――




…………
いや、書くのは止めよう。
気が緩んでいたからこその失態だ。久々にやらかした。
昇格で舞い上がっていたからか。
気をつけないと。


(以下、メモが)
砥石は十分量。
鉈のリペアを受けた。現在研磨中。


・追記
店主さんのことを書くのをすっかり忘れていた。一番お世話になったのに、情けない。

ジョージはとても明るい人だった。
なんて言うのか…、創一と同じ感じというか、オープンで表裏無い感じ。
鉱石への気持ちも強くて、人としても職人としても信頼できる人だと思った。
俺も、ああいう人になれたらと思う。
尊敬を込めて、ジョージ兄さんと呼ばせて貰おうかな。

砥石も良いのが多かったし、場合にとっては師匠に仕入れを任せることを提案しようと思う。
鉈の納品までに、回答ができれば良いなぁ。



・出会い
ジョージ、アンリ、創一、厭夜
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。