スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れた日の鉱石店にて

以前ジョージ兄さんから受けた鉈の研磨。
アレがやっと完了したから、たまゆらへ持って行った。
久しぶりに晴れたから、随分と気分も軽かった。

たまゆらへは難なく辿り着いた物の、ジョージ兄さんは外出中らしく居なかった。
だからそのまま従業員の人に鉈と手紙を置いて帰ろうとしたところに、コートを着た少女が現れた。
なにやら困っていたみたいだから話しかけたけど……、
正直、失敗だったかも。

あんなあやふやな言葉なんて、分かるわけ無いだろ!

砥石はまだしも、魔術師が持ってる、赤くて長くて細くて光沢が無くて紐が伸びてる、ひねって投げると爆発するもの=ダイナマイトなんて、分かるわけが無い。
挙げ句には捻ると雷を出す物って……。
帰ってからも考えたけど、全然分からない。
擦ると発火する雷コウかとも思ったけど、違うらしいし。
全然分からん。でも、今度会った時に聞いても、要領を得ない回答が返ってきて終わりなきがする。
どうした物か……。気になって眠れない。


コートの少女と話していると、最近酒場で会った獣人とエルフのハーフの子が来た。
どうやら、物見に来たらしい。
ジョージ兄さんが居たら、喜んだんじゃ無いかな?

やっぱり、宝石に惹かれるのは女の子だからだろうか。
コートの少女との会話を少し耳にしただけだと、見てるだけで楽しいとも言ってたけど。

そう言えば彼女は赤くて長い(以下略)を蝋燭(アロマキャンドル)だと思ったらしい。
アロマキャンドルって、そういうのがあるんだな。
俺はそういうのには詳しくないから、ダイナマイト以外には思いつかなかった。
……。
うん、断固としてダイナマイト以外には思いつかなかった。

それに引き替えコートの少女は、ハーフの少女の「蝋燭」発言にあまり宜しくないイメージをしたらしい。
色々と突っ込みを入れたい。全力で。

そう言えば二人とも名前を聞かなかったな。
今度会ったら、聞いてみよう。




…………。
あのコートの少女、どこかで会った気がする。
記憶にあると言うよりは、既視感に近い。
何だったか、いまいち思い出せない。大体会った人の顔は覚えてるんだが……。
それもまた、もし会うことがあれば聞いてみようか。


・出会い
(コートの少女【ベリア】)、(ファリア)
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。