スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曇りがちの図書館にて

今日は久々に学院の図書館に行ってみた。
最近はあんまり魔術書を見てなかったから、教材探しが目的。

目ぼしい本を探して貸し出しカウンターへ歩いている途中に、
本棚の間で話す聞き覚えのある声が聞こえた。
覗いてみると、ユベルティと女の子。……、まぁ、女の子はそのとき見えてなかったんだけど。
話しかけた後に気付いたときは、一瞬お邪魔したかと思った。
実際はそんなこと無くて正直助かったな。

どうやら本棚の上にある本を取ろうとしてたらしい。
割と背丈の大きなユベルティが背を伸ばしても届かないくらい高いところにあった。
ホント誰があんなとこに置いたんだ……。

暫くどうやって取るかで揉めたけど、最終的にはその場に居合わせた先生をユベルティが肩車することで決着した。
うん、ベストな結果だと思う。
まさかあの女の子を肩車するわけには行かないし、女の子が下ってのも無理だし……。
なんかあの子ちょっとやる気だしてたけど、無理だって。

しかし20代の男二人が肩車してる図ってあんまり見れないよな。
画像記録の魔法が使えたら、記念に撮っておいただろうに……、もったいない。


先生やあの子の名前を聞きそびれてしまった。
またどこかで会ったときには、名前を聞くのを忘れないようにしようと思う。



追記
(書くのを迷ったのか、点々とインクのあとが)
・・・・・・
アレが趣味じゃないことを祈る。

(簡潔に、それだけ)


・出会い
(コシュ)、ユベルティ、(ユニウス)


以下PL




お三方、夜遅くまでお相手ありがとう御座いました!
なんかハンスで絡んだの久しぶりな気がする……。

そしてその久々のロルで笑わせてもらいましたw
本一冊取るだけでどんだけ時間と労力使ってるんだwww
こういう日常のくだらないの好きだなぁ。



……ただ一つ反省が。コシュさんをあの状況にがっつり巻き込めなかったことが悔やまれる。
言い換えれば無茶振りできなかった事が悔やまれる(ぁ

実はこう、ユベルティさんが神輿云々を提案してきた時点で、「それなら騎馬戦方式で良いんじゃね!?」
とか考えてたんですが、タイピングが遅くてタイミング逃してピチューン。

スミマセンでしたorz

次回は無茶振りを出来るように頑張ります……!
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。